ミニマリスト

【時短・節約・ダイエット効果】ミニマリストの食生活って?

皆さんこんにちは!大学生ミニマリストひとみです(*´˘`*)♡

実は私、一風変わった食生活をしています。
そんな食生活を今年の4月から、
約半年間続けて
変わったことがこちら!

3ヶ月kg痩せた
✅食費が1万円で済むようになった
✅体の調子が良くなった🌸

まさに、いいこと尽くめです(*´˘`*)♡

今回、その秘密をお伝えします☆

冷蔵庫の中身は?

ずばり、こんな感じです!

✅ミニトマト
✅納豆
✅卵
✅果物

以上です。
これらに加えて、
オートミールまたはお米、
たまにパスタを食べています。

(写真左上はオリーブオイルスプレッド。
パスタと絡めてたまに食べます。
いただき物です。)


毎日のメニューは?

menu

私はしっかり、1日3食。それぞれこんな感じです。

✅ミニトマト(数個)
✅ゆで卵 (2個)
✅納豆(1パック)
✅オートミール(半合)
✅果物(1個)

✅ミニトマト(数個)
✅ゆで卵(2個)
✅納豆(1パック)
✅白米(1合)

✅ミニトマト(数個)
✅ゆで卵(2個)
✅納豆(1パック)
✅オートミールor白米少々

Designed by Freepik



基本的に、3食食べるものはほぼ同じ。

大好物ばかりなので、
飽きずに続いていますね。

それよりも、
他のものに手を出すのが面倒なんです。

1つ食材をを増やせば、
それに付随して
必要になる食材や調味料が増えるので、
スペースがとられます。

スーパーでいちいち
「今日は何を買おうかな」
と考える必要がでてきてしまいます。

でも、毎回同じものしか買わなければ、
スペースも頭もエネルギーも使わない!

そう、なんといっても、

楽なんです!!

楽であることの他にも、このメニューを選び続けることには、理由があります。

どうしてこのメニューなの?

端的に言うと、こういう理由です。

①素材そのものの味が好き
②安い上に栄養価が高い
③ダイエット効果もある
④油を使わないから、お皿洗いも楽
⑤たまの外食とのバランス

それぞれ説明していきますね。

まず①です。
味付けの濃いもの、
調味料を沢山使用しているものは、
あまり好きではないんです。
それよりも、素材のままの優しい味が好き。

実は、調味料のカロリーって、意外と高いんですよ。
脂質・糖質も多いものには注意が必要です。

私は一時期、
「1つ1つのものをよく噛んで、味わって食べること」
を実践していた時期があります。

なぜって、
良く噛んだ方が消化に良いし
ダイエット効果も期待できるから。

その過程で、味に敏感になったのかもしれません。
やっぱり、薄味・素材の味が一番おいしい!

次に②です。
どの食材も、安い上に栄養価が高いんです。
そのため、月の食費は1万円以下

大学生なのでお金を潤沢に持っておらず、
「できるだけ安く済ませたい!」
「でも、脂っこくなくて、栄養が取れるものが食べたい!」

……と思って行きついた、究極の食事がこれです。

トマト200~300円、
納豆3パックで60円、
卵10個で200円、
果物はちょっと高くて、1個50~100円くらいしちゃうけど……
これで3~4日は持つので、1日あたり300円前後です。

そして③。
私はこの食生活をして、3か月で8kg痩せました。

「おなかを膨らます」って言いますよね。
満腹感は、おなかを膨らませば得られるんです。
だから、カロリー等が少ないものを選んで食べれば、
おなか一杯食べても体重が減っていくんです。

その根拠は、大食いに挑戦していた頃の経験です。

大食いで何が一番きついのか。
カロリーではありません。
体積です。

同じペースで食べたとしても。
コテコテ高カロリーの
スイーツバイキングは
2時間食べ続けられるけれど、

胃に入りきらなそうな大きさの、
海鮮丼の大食いチャレンジは
30分くらいで限界間近でした。

つまり、1つ1つのカロリーを減らせば、
おなか一杯食べても体重は減ります。

私はそれを続けて、
3ヶ月で8kg痩せています。

身をもって体験したので
自信を持って言えます。

外食はカロリーが高いので、
なるべく自炊することはもちろん大切です。
仮に外食でも、
カロリーだけではなく、
かさも気にしてみてください。
少ないカロリーでも満足感が得られやすいです

ちなみに、飲み物も意外とカロリーが高いので要注意⚠️
私は基本水しか飲んでいません。

次に④。
この食生活を始めたころは、
魚も食べていました。
ですが、
魚は作るときに手が油でヌルヌルするし、
洗いものの手間がかなりかかります。

生活が忙しくなると、
それが徐々に面倒になっていって。

「タンパク質もとれているし、魚は無くてもいいかな」
と思い、最近は辞めてしまいました。

忙しいときなど、

「余裕がないときに無意識にやってしまう行動」が
自分にとって一番ストレスがなく
自然なものではないでしょうか。

余計なところで頑張らない。
その分日中の活動にエネルギーを注げます

最後に⑤。
数日に1回、外食に行く機会があります。
外食って脂っこくて
カロリーが高いものが多いです。
脂っこいものはそこで摂取できるから、
家では食べなくていいかなと考えています。

普段の食事まで、脂っこいものを食べたくないなというのが本音です。
脂っこくて栄養バランスの悪いものを
沢山食べると、
体が泣いている気がするから。
胃の調子や肌の調子が悪くなるから。
自分の体の状態には敏感なんです。

面倒な油物は、飲食店に任せれば十分。

まとめ

私の食生活はやや極端な例ですが、

「必要最低限のお気に入りのもので暮らす」
「日常の手間を最小限にして、好きな活動にエネルギーを回す」

という考え方が参考になれば幸いです。

今回のポイントは、この3つ!
✅いつも同じものを買うようにすれば、買い物のときに頭を使わなくて済む
✅油物は外食のみでも十分。油物を断つことで、洗い物の手間削減
✅使う食材を少数に厳選すれば、食事にかかる手間、労力、コストを最小化できる

あなたも、物だけではなく生活習慣までミニマル化して、
より必要なところにエネルギーを回しませんか?

以上、大学生ミニマリストひとみの食生活でした。

コメントお待ちしております(*´˘`*)♡
(下の枠内に記入し、送信ボタンを押してください☆)

-ミニマリスト

Copyright© ミニマリストひとみのブログ「ひとみにまる」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.