ミニマリスト 片付け術

【捨てて後悔したくない人へ】74%の人は後悔したことが1度もなかった

手放したいけど手放せない!
そんな方々がよく言っている言葉
「捨てたら後悔しそう……。」

実際、どのくらいの人が後悔しているのでしょうか。
気になったので、Twitterでアンケートを取ってみました!

その結果がこちら!

※回答者はミニマリストさんや片付けに興味がある方が中心です。
あくまで参考程度に見てくださいね。

手放して後悔したもの

〇買い直せばいいやと思っていたけれど、もう手に入らない!
・本、小説、雑誌(絶版になっていた)
・服(全く同じデザインは手に入らない)
・連絡先が書かれたもの(手帳、手紙・はがき等)
・アルバムなど思い出の品

〇また買うはめになった!
・教科書(社会人になってから勉強したくなった)
・ベビー用品(妹に譲ればよかった)

〇意外と高値で売れたのに
グッズ、漫画雑誌の付録(月日が経ったらオークションサイトで高値になっていた)

〇季節もの
・扇風機(冬に見た時に要らない気がして捨ててしまった)
・布団 、 冬用の衣類 (夏に見た時に要らない気がして捨ててしまった)

〇気が変わった
ゲーム、人形(やっぱりやりたくなった)

後悔しないためには?

1つ1つの物としっかり向き合おう

とにかく捨てればいい!というわけではありません。
持ち物と、あなたの考えや習慣とは連動しています。

ミニマル化する上では、物一つ一つと向き合って、
自分の考えや習慣を見直していく必要があります。

何も考えずに減らしてしまうと、
時間が経ってからリバウンドしてしまいます。
また物が多く散らかったお部屋に
逆戻りです。

捨てて後悔するのも、気持ちの整理がきちんとできていないからです。

例えば、こんな風に考えてみてください。

「昔趣味だった手芸のセット。
でも今は、家族との時間を大切にしたいから、スッキリ空間の方が必要。
そのために、手放そう!」

こんな風に考えれば、たとえ後で必要になったとしても、
「あの時の自分にはスッキリ空間が必要だったから、
買い直すことになるのも仕方ない」
そんな風に考えられ、後悔しないのではないでしょうか。

いくら考えても捨てたくないものは、無理に捨てない

いくら理由を考えても捨てたくないものは、
無理に捨てなくても大丈夫です。
持っていることで、精神安定剤になる場合もあるからです。

捨てられないものはとりあえず残しておき、
まずは捨てられるものから捨てていきましょう。

"買い戻しできるモノから減らすといいですね。
モノを捨てはじめたばかりの初心者が、いきなり卒業アルバムのような思い出の品に手をつけるのは危険です。
取捨選択が下手な段階で、必要なモノまで捨てて後悔するハメになりかねない。
だから、買い戻しができないモノは後回しにしてください。"

引用元: ミニマリストしぶに聞いた“捨てる”効果が想像以上だった。「コツは全部で5つあります」

消耗品のストックやあまりものなど
難易度が低いものから捨てましょう。

服、家具、思い出の品など、
難易度の高いものは経験を
積んでから改めて判断してみるといいですね。

どう考えたら手放せる?

上記の捨てて後悔したもの一つ一つに対して、
「こう考えたら手放せますよ」というのをご紹介していきます。

〇買い直そうと思っても、もう手に入らないかもしれない!
→また新たに、お気に入りを探せばいい。
また新たに、思い出を作ればいい。
大好きだったけれど、
新しい物や体験を
手に入れるための余白を作るために、
手放そう。

〇また買うはめになるかも!・ 意外と高値で売れるかも!
→これを持っていることで
ストレスを感じて
出費が増えるかもしれない。
これを手放せば、
時間、空間、経済、精神的に
ゆとりが生まれるから、
例え買い直すことになったとしても
お得!

〇季節もの、捨てて大丈夫かな?
→今年の夏(冬)に使わなかったら手放そう。

〇気が変わるかも
→やりたくなるかもしれないけれど、
やりたくならないかもしれない。
でも、今部屋をキレイにしたいと
感じていることは確実。

そもそも、捨てようか迷っている時点で必要のないもの

"たとえば、今ここに置かれているボイスレコーダーを、捨てようとは思わないですよね?

米永さんにとって、ボイスレコーダーは絶対に必要な仕事道具であるはず。

つまり、本当に必要なら「捨てよう」なんて発想にすらならないんです。

なぜなら、ないと困るから。だから、捨てるかどうか悩んでいる時点で「いらないモノである」という答えが出てるんですよ。"

引用元: ミニマリストしぶに聞いた“捨てる”効果が想像以上だった。「コツは全部で5つあります」

あなたがこれを見ているということは、
身軽になりたいだとか、
スッキリとした空間で暮らしたいだとか、
そんな思いがあるからではないでしょうか。

だとしたら、
後悔することばかりを恐れて
物を手放さないのは、
もったいないです。

後悔する可能性もあるし、
後悔しない可能性もあります。

今回の調査では、74%の人が
手放したことを後悔したことが
一度もないと答えています。

手放して後悔しそう……。
そう感じている人は、
後悔した人26%という数字を
過大評価してしまう傾向に
あるのではないでしょうか。

手放してスッキリした74%の方に
視点を変えてみてください。

手放したことで得られる
スッキリ空間や
モヤモヤ感から解放された
ストレスフリーな生活を
想像したら、
ワクワクして
きませんか?🌸

それでも捨てられない方へ 「期限付きで保管してみる」

それでもやっぱり、使う気がする……。
そんな方は、期限付きで一旦保管してみましょう。

例えば、
「1年間使わなかったら捨てる」と決めて、
邪魔にならない場所で保管しておくんです。

こうしておくことで、
手放す判断を二段階で行うことができるため、
後悔する確率がぐっと低くなります。

その上、ただとっておいた時とは違って、
確実に物が減っていきます🌸

まとめ

捨てたことで後悔したことが人生で一度もない人が74%です。
残りの26%の人も、後悔したとはいえ、
大した後悔ではない人も多いのでは
ないでしょうか。

この記事を見ているということは、

スッキリしたお部屋で暮らしたいと思っているはずです。

例え後悔することになったとしても
小さな後悔になりそうなものは、
思い切って捨ててみるといいのではないでしょうか。

感想、コメントもお待ちしております🌸
下の枠に記入し、送信ボタンを押してみてくださいね!

-ミニマリスト, 片付け術

Copyright© ミニマリストひとみのブログ「ひとみにまる」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.