ミニマリスト

実家の「自立整理」をしました🌸

こんにちは!大学生ミニマリストひとみです。

実家に帰り、久しぶりにゆっくり時間がとれる!

……ということで、いつかやろうやろうと思っていた、「自立整理」をしました。

自立整理って何?

って思いますよね。そりゃそうです。私が名付けました笑

その名のとおり、「自立するために、実家にある自分の所有物を片付けること」です。
イメージとしては、生前整理を20歳前後にやるのに近いです。

下宿を始めるときって、必要最低限なものだけを持って行きますよね。一人暮らしのお部屋って狭いですからね。
でも、実家に置いていったものも、紛れもなく自分の所有物です。

実家に自分のものが残っている状態で、「ミニマリストです!自分のものは全部自分で管理してます!」って言うのは何か違うなって思って。
極論、捨てる踏ん切りがつかないものを全て実家に置いておけば、本当の意味で「手放す」ことなくミニマルな生活を送れてしまいます。


でもそれって不完全じゃないですか?

ミニマリストとして活動しながらも、ずっと心に引っかかっていました。

例えば小学校時代の日記や作品集。私は要らないって判断したから捨てようとしました。でも母に見つかり「それはとっておきなさい」って言われて断念。まだクローゼットの奥底に眠っていました。
それでも、私には「過去を記録すること、振り返ること」に意味を感じられませんでした。

今まで写真や思い出を何度も何度も整理してきました。
けれど、終わった後に残るのはどっとした疲れと、時間を無駄にした感覚だけ。
懐かしいなぁとか、そういう気持ちももちろんある。
だけれど、その時間があったら新しい挑戦をしたり人と会ったり美味しいものを食べたりした方がよっぽど楽しい。
「今」を楽しんだ方がいい。
「新しいもの」に触れて、「新しいとの」を生み出した方がよっぽど楽しい。

だから私には、「思い出の品」は要らない。

そう判断したのに、まだ実家にあるのが気持ち悪くて気持ち悪くて。
いつも頭の片隅にあって。

自分のものは全て管理している。
つまり、自分の持ち物は全て把握できている。
その状態が私の理想です。
それが私にとっての「自立している」状態です。

なのに、私の把握していない「モノ」が、沢山実家にある。

これじゃ、まだ自立できていない。親に頼っている。ミニマリストとは言えない。
ちょっと完璧主義すぎるのは自覚しているんですけどね。笑

何にせよ、「私にとっての自立=実家に自分のものがない状態」であり、それが達成されないままずっとモヤモヤしていたので、ついに片付けたってわけです!


自立整理をするメリット

自立整理をするメリットは、主に以下の3つです!

①親に面倒をかけない
②「今手元にない!」という事態を防げる
③過去に囚われない自分になれる

まず①です。物の管理には、意外と手間がかかるものです。
自室に置きっぱなしにしていることで、親に少なくとも掃除の手間をかけてしまいます……。

次に②です。「実家にあって今手元にない。だから〇〇ができず不便だ。」という事態がなくなります。
私の場合、例えば母子手帳やお薬手帳などでこれが起こりました。
大学の健康診断の際に急に母子手帳のコピーを求められたんです。母子手帳を送ってもらったりと、親に手間をかけてしまいました……。
自分のものは全て、自分の手元においてこそ、自立していると言えるでしょう。

最後に③です。写真や学生時代のものなど、過去を振り返ることができる物が存在していることにより、どこか昔の自分に固執してしまうことはないでしょうか。
時には、それが自分の成長の妨げになることもあります。
例えば、写真。「あの頃の私はこうだった」と定期的に振り返ってしまうことで、「自分ってこうだ」という固定観念に囚われてしまいます。
昔の自分がどうであったかに囚われず成長を続けるためには、過去をあまり振り返らない方がよいでしょう。

また、過去の功績を示すような物にも要注意です。成績表や賞状、自分の努力の証などがこれにあたります。
過去の功績に執着してしまうと、その功績で満足してしまい、それ以上の結果を出そうという気が起きなくなってしまいます。
自分の成長の妨げになるので、やはり過去のものに執着しない方がいいです。

自立整理のルール

今回決めたルールはこちら!
①日用品と服は数日分残しておく
②その他のものは全て下宿先に持って帰る

今回私は、このルールで作業を進めました👍

数日分残しておくのは、実家に帰ったときに使うことがあるからです。
例えばこんな時。「実家に帰ってきた!明日も出掛けるけど、着てきた服は洗濯中で着る服がない!」
そんなとき、高校時代に着ていた服を着ることがありました。
わざわざ下宿先から服を持ってくるのも、荷物になりますからね。

これまで自分の行動を踏まえて、服も各シーズン2日分ずつ残すことにしました。

一方、雑貨類や思い出系は、下宿を始めて以来ほぼ使いませんでした。そのため、基本的に全捨て。どうしても捨てられないものは下宿先に持って帰ることにしました。このルールにすることで、「持って帰るのは重いしなぁ」っていう心理が働いて、自然と減らせそうですしね笑

何より、自分の目の届くところに全て置いておけます。自分のものは自分で管理している、つまり「自立」してるって言えます。

このルールで片付けた結果がこちら!

ほとんど、


なーーーんにもない!!!!✨

それでは、
何を捨てて、何を残したのか、ご紹介していきますね。



捨てたもの

☟これだけの量のゴミが出ました!!☟

ミニマリスト歴5年。実家にいたときから、物を少なくしていたはずなんだけどな……。って、ちょっとショック笑

下宿を始めて、 2年半。これらの物がない生活過ごしてきました。
そのため、以前は「要る」って思ったものでも、サクサク捨てられました!


減らしに減らし続けたミニマリストが、2年前手放しきれていなかったものがこちら!

捨てたものリスト

<服>

寝間着や下着、靴下等含め、それぞれ各シーズン2日分残して全捨て。

<思い出>

・書き溜めたノート類

・ピアノの楽譜

・手芸作品(ハワイアンリボンレイ・ディズニーハロウィン用手作り衣装)

・卒業証書

※卒業証書も捨てちゃって大丈夫?

→大丈夫です🙆‍♀️

卒業の証明に必要なのは、「卒業証明書」です。(母校に連絡すると発行してもらえます。郵送も可能とのこと。)卒業式で渡される証書自体は卒業の証明には使いません。なので必要なし。

個人的に、卒業式の日にもらった証書自体には思い入れが全くないので、処分しました。卒業式のこと思い出すのって、証書自体よりも写真の方じゃありませんか?

<おもちゃ>

・トランプ

・マジック13点

・ジャグリング用ボール

・パズル(ペットボトル飲料の付録)

・ルービックキューブ

・双眼鏡

・ブーブークッション

・ネオジム磁石

・折り紙

<コスメ>

・ヘアワックス

・シュシュ、ヘアゴム等(趣味が変わった)

<その他>

・使わない目薬
・姿勢矯正グッズ(効果が薄かった・整体に行ったので必要なくなった)
・昔使っていた眼鏡(野暮ったいし度が合わないし、持っていても意味がない。)
・キーホルダー一式(使う場所がない・キーホルダーを使わない)
・ディズニーのカチューシャ(ほぼ使わないのに、家の中のスペースをとるのがもったいない。)
・文具類一式(ボールペン2本のみ残す)
・シール類一式(2年半シール使ったことない)
・電子辞書(スマホでこと足りている)
・電子機器類の箱一式(本体を売る予定がない・説明書を見返す予定がない)
・ポーチ類一式(好みじゃない・使いにくい)
・ハンカチ(下宿先にある分で足りている)

実家に残したものリスト

・化粧品
・コンタクト(10日分)
・服(各シーズン1~2日分)
・鞄2つ(小)
・ストレッチグッズ(ヨガマット、ストレッチポール、バランスボール)
・ペンとメモ帳

捨てたかったけど、捨てられなかったもの……

主に、上の写真の右上に映っているものですね。

・大学受験用まとめノート
→思い入れが強くて、捨てられず。1年間頑張って書き連ねた、私だけの教科書だから。
 でも持って帰るには、さすがに重かった。 ルールを守り切れませんでした……。 今回最大の反省。
 次回帰ったときは必ず、捨てるか下宿先に持って帰るかします!

・本とゲームソフトとギター(後日メルカリで売ります)
→単純に時間切れ。要らないので、メルカリで売る予定です。実家に滞在できる時間が限られていたので……。次回帰ったときに売ります!

実家から下宿先に持って帰ることにしたもの

・おくすり手帳(自立するため)
・数珠(自立するため)
・高校までにもらった手紙
・ちょうど欲しかったもの数点(ポーチ、封筒2枚、レターセット)

自立整理する上で、意識したこと

「あーこれね!懐かしいな〜好きだな〜いくつかとっておいてもいいかな……」っていう気持ちになることもありました。特にアクセサリーとか、おもちゃ類とか。

いや、でも冷静に考えて!普段の生活で使わないし、持っていても時間と労力とスペースがもったいない!!

そう思い直し、潔く捨てました。

数日後には、何を捨てたのか忘れていることでしょう。そのくらい、自分にとって必要なかったってことです。

そして、思い出系の片付けはエネルギーを要するので、とりかかるのを1番最後に回しました。案の定、途中で疲労困憊。一時中断し、翌朝再開しました。片付けるときは、思い出系を後回しにすることを強くお勧めします。終わらなくなって、片付けに嫌気がさしていつまでも片付かなくなります……。

自立整理してみた感想

実家に置いてあるモノっていうのは、2年半一人暮らしをして使わなかったものがほとんどです。そのため、「あれもいらない、これもいらない」という具合に、スムーズに片付けが終わりました。

そして自立整理が終わって1週間。なんだか心が軽くなったし、何より「自立したな」って実感しました。
もう過去を振り返る必要がないんだって思ったから。
「実家には、大事なものは何もない」っていう事実が、私にとって自立の象徴みたいに思えるから。

実家に置いてあるモノっていうのは、2年半一人暮らしをして使わなかったものがほとんどです。そのため、「あれもいらない、これもいらない」という具合に、スムーズに片付けが終わりました。

余談ですが……今回も現われし回収者、母。

「あら、電子辞書捨てちゃうの?私もらうわね~」

う~~~ん、あまり回収してほしくないんだよな~~~。
理由は、「捨てたい」から。私としては、そのものの存在をもう見たくないわけです。
それなのに、あとで母が使っているのを偶然見てしまうと、心がザワザワしてしまいます……。

長年捨て続ける中で母も分かってくれるようになりました。今回は電子辞書だけにとどめてくれたので良しとします。


あと、健康グッズは効果ないですね。買って良かったな!ってものが今までなかったです。例えば姿勢矯正なら整体に行く方が早いし、最終的にコスパがいい。下手に自力で治そうとするより、専門家に任せちゃうことをお勧めします。


はい、今回は以上です。

それではまた次回、お会いしましょう(*´˘`*)♡

コメント、お待ちしておりますね☆(下の記入欄に記入して、送信ボタンを押してください)

-ミニマリスト

Copyright© ミニマリストひとみのブログ「ひとみにまる」 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.